ドコモのiPhoneは他社のiPhoneよりなぜ人気なのか

格安SIMの人気が出てきています。格安SIMを使うことにより、スマホの料金が確実に安く利用することが出来るからです。

ただし、この格安SIMを利用するためには、docomoやau、ソフトバンクなどのキャリアからのロックを解かなければなりません。通常、各大手キャリアのスマホには、simカードに対して、そのキャリアでしか使えないようにロックがかけられているのです。そのロックを解除すること、これをSIMロック解除と言います。

それが2014年12月、2015年5月以降に販売され端末には、SIMロック解除が義務化されました。しかしSIMロックを解除出来るようになるのは、購入してから180日を過ぎてからでなければなりません。解除をする際には、3000円ほどの手数料がかかります。また、2015年5月以前に発売されたもの、リサイクルショップなどで購入した中古のものなどは解除の対象ではありません。

つまり、格安SIMが使えないということになります。SIMフリーのiPhoneであれば、このSIMロック解除は最初からする必要がないので、格安SIMを使いたいために購入を考えるのであれば、SIMフリーのiPhoneを購入するのが一番良いでしょう。

しかし、MVNOの業者は、ほとんどがdocomoの回線と契約を結んでいるため、docomoのキャリアの端末であれば、あえてSIMロック解除をしなくても、格安SIMの利用が可能になります。そのため中古品の端末であっても、格安SIMが使えるのです。

また、ほとんどMVNOの業者がdocomoの回線を使用しているということから、自分に合った業者を選択することが出来ます。以上の理由から、docomoのiPhoneが他社のiPhoneより人気であると考えられます。MNPでお得に手に入れた端末も、そのまま利用することが出来るのです。

今後、ソフトバンクのMVNOへの参入も噂されていますが、まだ噂にとどまっている状態ですので、今後の動向を期待しましょう。

大手キャリアと格安SIM・格安スマホの間で悶える