ドコモとau、ソフトバンクをいろいろな角度からデータで比較

国内のモバイル回線事業を行なっている企業は、ドコモとauとソフトバンクといった3社が中心になって事業展開が行われています。

近年では、これらの三大キャリアがプロバイダーなどに回線を貸し出して、格安SIMサービスとして提供する機会が増加しており、三大キャリア以外での選択肢が増えていますが、三大キャリアでしか提供されていない各種サービスがありますので、これらを使う為に契約を継続しているケースが多いです。

ドコモは、契約数や売り上げが最も多く、また、近年では、オンデマンドサービスを格安料金で提供しており、主力の回線事業だけでなく、他の独自サービスも収入源となりつつあります。イメージキャラクターは、ドコモダケというキャラクターがおり、消費者に企業イメージを浸透させる役割を果たしています。

auは、電子マネー決済などに積極的であり、系列会社との連携したサービスの展開などを実施しており、安定した売上高を維持しています。

ソフトバンクは、光回線とのセット販売を実施しており、その他にも、LTE以外のネット回線のプラン提供も実施していますので、ユーザーの用途に応じた回線選びが出来るのが利点です。
ソフトバンクの社長は、業界でも名物社長であり、メディアへの露出が多いです。どの企業も社員数が非常に多く、利益も順調に伸ばしていますので、安定しています。

格安SIMでMVNOに提供している回線数が多いのはドコモであり、全国に張り巡らされているドコモのネットワークを使う事が出来ますので、ほとんどの地域でインターネットを使えるようになっています。

auでも格安SIM市場に参入していますが、auの回線ベースの格安SIMは2社しか提供されていません。一方で、ソフトバンクは格安SIM市場に参入しておらず、LTE以外にも独自の回線技術を使って事業展開を行なっています。

ネットワークの使い方は三者三様であり、ユーザーは用途に応じてキャリア選びを行っていく必要性があります。
出典:格安SIM比較ポータル

大手キャリアと格安SIM・格安スマホの間で悶える